当初塩化揮発法は硫酸焼鉱(酸化鉄粉)を原料として高炉用ペレットを製造し、併せて焼鉱中に含まれる有価金属を回収する目的で開発されました。
現在は原料を製鉄発生ダスト及び産業廃棄物の焙焼焼鉱に替えましたが、ゼロエミッション及び循環型社会の現今、当プロセスは今までにも増して、重要な技術として生き続けています。
本プロセスの特徴はダストなど焼却残渣を純化して製品化すること及び金属元素,貴金属元素を濃縮した後、山元に還元し、資源として有効に活用することにあります。
即ち再資源化を図りつつゼロエミッションを達成し、廃棄物の二次公害を防止出来ます。