低濃度PCB廃棄物とは
  低濃度PCB廃棄物
I  微量PCB汚染廃電気機器等 II  低濃度PCB含有廃棄物
①低濃度PCB廃油 イ 微量PCB汚染絶縁油
(電気機器又はOFケーブルによって使用された絶縁油であって微量のPCBに汚染されたもの)
ロ 低濃度PCB含有廃油
(PCB濃度が5,000mg/kg以下の廃油等)
(主として液状物)
②低濃度PCB汚染物 イ 微量PCB汚染物
(微量PCB汚染絶縁油によって汚染されたもの)
ロ 低濃度PCB含有汚染物
・PCB濃度が5,000mg/kg以下の汚泥、紙くず、木くず、繊維くず、廃プラスチック類
・金属くず、陶磁器くず、コンクリート破片等の不要物(金属くず等)に付着したもののPCB濃度が5,000mg/kg以下のもの(主として固形物)
③低濃度PCB処理物 イ 微量PCB汚染絶縁油
(①イ、②イを処分するために処理したもの)
ロ 低濃度PCB含有処理物
(PCB廃棄物を処分するために処理したものであって、PCB濃度が5,000mg/kg以下のもの(金属くず等は付着物のPCB濃度)
※PCB濃度     ─ ≦5,000mg/kg
光和精鉱(株)で無害化処理できるのは、表中ピンク地の部分となります。